So-net無料ブログ作成

マイケル・ジャクソン Michael Jackson - Liberian Girl [BAD]





Liberian Girl リベリアン・ガールは、米国の歌手マイケル・ジャクソンが1987年に発売したアルバム『バッド』からの第9弾リカットシングルである(母国アメリカではシングル・カットされていない)。南アフリカ共和国出身の女性歌手レッタ・ムブルが、スワヒリ語のコーラスを担当した。
さすがに『BAD』から11曲中9曲目のシングルリリースということもあって、セールス的には伸びず、最高でも全英13位に終わった。リリースの時系列的に言えば、クインシー・ジョーンズが携わった最後のマイケル・ジャクソンのシングルである。
2パックの楽曲「レター・2・マイ・アンボーン」(2パックの死後に発表された)等でサンプリングされている。
このミュージック・ビデオ(以下MV)には、ジョン・トラボルタやオリビア・ニュートン=ジョン、ポーラ・アブドゥル、ウーピー・ゴールドバーグ、ルー・ダイアモンド・フィリップス、オリヴィア・ハッセー、ダン・エイクロイド、デビー・ギブソン、アル・ヤンコビックといった当時の人気スターたちに加えて、スティーブン・スピルバーグやクインシー・ジョーンズが出演している。
MVの中では、楽曲リベリアン・ガールにあわせて作ったアフリカ風のセットが組まれたスタジオに、ハリウッドスターやスターミュージシャン達が集められて(マイケル本人からMVへの友情出演を頼まれた)くつろいでいる設定。肝心のマイケルが一向に姿を現さないため、出演者達は「あの後ろ姿はきっとマイケルだ(アル・ヤンコビックだった)」「あの頭に包帯巻いた奴はマイケルの変装じゃないか」と、きっとマイケルが何処かに隠れているに違いないと疑いながら探し始める。ようやく歌のラストで、マイケル本人が乗った撮影用クレーンが降りてきて姿を現したことで、実は最初から自分達を撮影していたカメラマンがマイケルだった(MV冒頭でカチンコを持つスタッフが「マイケル?」としゃべっている)ことを知り、スター達から拍手喝采を浴びながらエンディングを迎えるという、スーパースターならではの一風変わった演出が取られている。Wikipediaより



プチバトー ファミリー通販 スパッツ 流行カタログ 毛皮ファッションショップコム ポンチョ 人気アウター集め 着物 ファッションカタログ 帯 和服のしなやかブログ 女性浴衣 コーディネート通販 新しい学生服がいっぱい
nice!(165)  コメント(3) 
共通テーマ:動画

Smooth criminal - Michael Jackson マイケル・ジャクソン [BAD]





Smooth Criminal スムーズ・クリミナルは、1988年にリリースされたマイケル・ジャクソンのシングル。1987年のアルバム『バッド』からの7枚目のシングル・カットである。後に『ナンバー・ワンズ』、『アルティメット・コレクション』、『エッセンシャル・マイケル・ジャクソン』、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』にも収録。
ビルボード誌では、1989年1月14日に週間ランキング最高位の第7位を獲得。ビルボード誌1989年度年間ランキングでは第98位。スペイン、ベルギー、デンマークでは週間チャート第1位を獲得した。ドイツや東京などいろいろな場所でライブを行った。
マイケルのプロモーション・ビデオはショートフィルムと呼ぶが、この曲のそれは映画「ムーン・ウォーカー」の一場面でもあり、その中で披露した45度傾くダンス・パフォーマンス「ゼロ・グラヴィティ」は特許を取得している("Methods and Means for Creating Anti Gravity Illusion" U.S. Patent No. 5,255,452)。
ツアーでのパフォーマンスでも定番の曲であり、ショートフィルムそのままのダンスと傾きを披露している。
2001年、エイリアンアントファームによりカバーされ、全米ビルボードチャート1位に輝いている。



ディーゼル イタリアのファッション通 トミー ヒルフィガー カジュアル系ブランド通販 レスポートサック 激安通販 ルコックでスポーツをしよう スケッチャーズで歩こう おすすめティンバーランド通販 お気に入りコロンビア靴通販
nice!(127)  コメント(3) 
共通テーマ:動画

Another Part Of Me - Michael Jackson  マイケル・ジャクソン [BAD]





アナザー・パート・オブ・ミー(Another Part of Me)は、アメリカの歌手マイケル・ジャクソンが1988年に発表したシングル。1987年に発売したアルバム『バッド』からの第6弾リカットシングルである。Billboard Hot 100では11位に達し、『ビルボード』のR&B/ヒップホップ・チャートでは1位を獲得。
この歌は元来1986年に、ディズニーパークのアトラクション用の3-D映画『キャプテンEO』のために制作された。『バッド』には「ストリートウォーカー」と交換され収められた。「ストリートウォーカー」は、『バッド』が2001年に再発された時にボーナス・トラックとして収録された。Wikipediaより



インラインスケートをショップで通販 キックボード人気通販ブログ 新体操オリンピック通販ブログ 社交ダンス練習通販ブログ フラメンコダンザー通販ブログ ウインドブレーカー通販Blog 合気道用品通販ぶろぐ 弓道上達グッズ通販道場
nice!(145)  コメント(3) 
共通テーマ:動画

Michael Jackson - Dirty Diana マイケル・ジャクソン [BAD]





ダーティー・ダイアナ(Dirty Diana)は、アメリカのミュージシャン・マイケル・ジャクソンが1988年にリリースしたシングル。1987年に発売したアルバム『バッド』からの第5弾シングルカットである。作詞・作曲はマイケル・ジャクソン自身による。ビリー・アイドルとの活動で知られるスティーヴ・スティーヴンスがギターを担当した。ハードロック調の楽曲。
アメリカのビルボード誌では、1988年7月2日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1988年年間ランキングは第57位。マイケル・ジャクソンにとっては、「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」(I Just Can't Stop Loving You)から、5曲連続のビルボード誌週間チャート第1位だった。だが、アルバム『BAD』からのシングルカット曲では、最後のビルボード誌週間チャート1位獲得曲となった。
この楽曲の発表直後、ダイアナとはマイケルが少年時代から慕っていたダイアナ・ロスのことではないかという噂が飛び交った。後にマイケルはこれを否定する。一方、ダイアナ・ロスの方は1989年のライブでオープニングに用いた(『Greatest Hits Live』収録)。
ロックを取り入れたマイケルの曲は、この他にも「今夜はビート・イット」(Beat It)や「ブラック・オア・ホワイト」(Black or White)、「ギヴ・イン・トゥ・ミー」(Give in to Me)などがあるが、「ダーティー・ダイアナ」は最もハードな楽曲である。ショートフィルムでもライブシーンを取り入れるなど、シンプルながら非常に凝った作品になっている。
「ダーティー・ダイアナ」はダイアナ妃のお気に入りの曲だった。1988年のBADツアー、ウェンブリー・スタジアム公演では、「ダーティー・ダイアナ」をマイケル本人に懇望した。
『ヒストリー』では収録は見送られたが、『ナンバー・ワンズ』には収録された。当初ショートフィルムは存在しないと言ってDVD『Number Ones』には収録されない予定であった。しかし、当時テレビで数回流されていたこともあり、レコード会社が渋ったのではないかと言われたため結果的に収録された。英語では同じ単語が日本語訳の歌詞では様々に訳されているが、意訳的には非常に的を射たものであり、分かりやすい訳となっていると思われる。 Wikipediaより



プチバトー ファミリー通販 スパッツ 流行カタログ 毛皮ファッションショップコム ポンチョ 人気アウター集め 着物 ファッションカタログ 帯 和服のしなやかブログ 女性浴衣 コーディネート通販
nice!(209)  コメント(6) 
共通テーマ:動画

Michael Jackson - Man In The Mirror マイケル・ジャクソン [BAD]





マン・イン・ザ・ミラー。「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」でジャクソンとデュエットした女性歌手サイーダ・ギャレットと、後にアラニス・モリセット等をプロデュースするグレン・バラードの共作。ギャレットはバック・コーラスで、バラードはシンセサイザーでも参加する。本作には聖歌隊も登場し、アンドレ・クラウチが指揮を担当した。
『BAD』からシングルとしてリリースされた前3曲(BAD、I Just Can't Stop Loving You、The Way You Make Me Feel)に次いで1位となり、後にリリースされた「Dirty Diana」を含めて、同一アルバムから5曲がアメリカ・ビルボードチャート1位を獲得するうちの1曲となった。
イギリス・UKチャートではトップ20にランクインできず、21位に終わるが、マイケルの死後、2009年6月28日にUKチャート11位を記録する。
ショートフィルムにはマーティン・ルーサー・キング・ジュニアやマハトマ・ガンディー、マザー・テレサ、ジョン・F・ケネディ、ジョン・レノンが登場する。このフィルムは2004年発売のナンバー・ワンズで初DVD化された。
ライヴではエンディングで歌われる曲で『ライヴ・イン・ブカレスト』、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』でも最後に歌われている。Wikipediaより





コンパクトカメラ 人気通販 双眼鏡 比較通販 単眼鏡 比較評判 ビデオカメラ 比較通販 デジタルオーディオプレーヤー人気市場 人気セットコンポ比較 ラジカセ 激安通販 AVコンポーネント通販
nice!(163)  コメント(3) 
共通テーマ:動画

The Way You Make Me Feel - Michael Jackson マイケル・ジャクソン [BAD]





ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィールは、1987年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。アルバム『バッド』からの第3弾シングル。アメリカのビルボード誌では、1988年1月23日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1988年度年間ランキングは第39位。
ミュージック・ビデオには姉のラトーヤ・ジャクソンも出演した。
2003年、オーストラリアの女性デュオShakayaが、この曲のカヴァーをシングルとして発表し、同国のチャートで21位となる。また、ポール・アンカのカヴァー・アルバム『ロック・スウィングス』(2005年)でも取り上げられた。
よくTWYMMFと略されることも多い。Wikipediaより



発泡ワイン シャンパンカタログ シャンパンで乾杯ブログ ラム酒 種類カタログ 美味しいカクテル一覧 カクテルの用具あります リキュール 美味しいものリスト ウォッカ 美味ショップ
nice!(146)  コメント(2) 
共通テーマ:動画

BAD - Michael Jackson マイケル・ジャクソン [BAD]





バッド(BAD)は、1987年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、および同曲を収録したシングル。アルバム『バッド』からの第2弾シングル・カットである。アメリカのビルボード誌では、1987年10月24日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1987年度年間ランキングは第51位。
もともとはプリンスとの共演が予定されていた曲だが、2人(ジャクソンとプリンス)が会席した際に、あまりにも険悪な雰囲気になってしまったために中止されたという。その際、プリンスは「自分が参加しなくてもこの曲はヒットする」と言ったという。シンセサイザー・ソロは、後にTOTOのメンバーとなるグレッグ・フィリンゲインズが担当した。
12インチ・シングルやCDシングルでは、8分に及ぶリミックス・ヴァージョン(Dance Extended Mix Includes 'False Fade')がフィーチャーされた。
ミュージック・ビデオは、マーティン・スコセッシ監督による17分の短編映画として制作された。画面は最初白黒で、途中からカラーとなる。ジャクソンはダリルという役名で出演し、ロバータ・フラックやウェズリー・スナイプスも出演。DVD『ビデオ・グレイテスト・ヒッツ〜ヒストリー』で視聴できる。なお、登場するダンサーの中に日の丸のバンダナをした東洋人が出演していることが日本でも話題になった。この東洋人ダンサーは日本人ダンサーの黒須洋壬では無いかとも言われていたが、黒須本人の話によるとこのダンサーは「チャオ」(フルネームはチャオ・メイ)という中国人ダンサーだという。
この曲のパロディ作品では、1988年にアル・ヤンコビックが発表した「Fat」が広く知られている。ヤンコビックは1984年に『今夜はビート・イット』(Beat It)のパロディ曲“Eat It”(食え)をヒットさせ、その続編として“Fat”(デブ)を発表した。両方ともジャクソンの公認パロディである。Wikipediaより



レバー バイク用品屋さん ケーブル バイク用品屋さん ミラー バイク用品ブログ メーター バイク用品専門ブログ ブレーキパーツ バイク用品 タンク バイク用品専門屋さん シート バイク用品専門屋さん
nice!(158)  コメント(5) 
共通テーマ:動画

I Just Can't Stop Loving You -マイケル・ジャクソン [BAD]





キャント・ストップ・ラヴィング・ユーは、1987年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。アルバム『バッド』からの第1弾シングル。ビルボード誌では、1987年9月19日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1987年度年間ランキングは第53位。
本作はサイーダ・ギャレットとのデュエットである。ジャクソンは、バーブラ・ストライサンドやホイットニー・ヒューストンとのデュエットも想定していたが、両者とも折り合いが付かず、ギャレットが選ばれた。彼女は最初、自身がジャクソンに提供した楽曲『マン・イン・ザ・ミラー』のバック・コーラス録りのためにレコーディングに呼ばれたと思っており、自分がデュエット・パートナーに選ばれたと知った時は驚いたという。
『バッド』収録曲のベース・パートは、大部分はシンセサイザーによるものだが、この曲ではネイザン・イーストがベースを弾いている。Wikipediaより



フランスみんなで旅行気分 イタリアゆっくり旅行気分 スペインどきどき旅行気分 アフリカわくわく旅行気分 ロシアのんきに旅行気分 韓国スッキリ旅行気分 インド ニコニコ旅行気分
nice!(73)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。