So-net無料ブログ作成

Smooth criminal - Michael Jackson マイケル・ジャクソン [BAD]





Smooth Criminal スムーズ・クリミナルは、1988年にリリースされたマイケル・ジャクソンのシングル。1987年のアルバム『バッド』からの7枚目のシングル・カットである。後に『ナンバー・ワンズ』、『アルティメット・コレクション』、『エッセンシャル・マイケル・ジャクソン』、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』にも収録。
ビルボード誌では、1989年1月14日に週間ランキング最高位の第7位を獲得。ビルボード誌1989年度年間ランキングでは第98位。スペイン、ベルギー、デンマークでは週間チャート第1位を獲得した。ドイツや東京などいろいろな場所でライブを行った。
マイケルのプロモーション・ビデオはショートフィルムと呼ぶが、この曲のそれは映画「ムーン・ウォーカー」の一場面でもあり、その中で披露した45度傾くダンス・パフォーマンス「ゼロ・グラヴィティ」は特許を取得している("Methods and Means for Creating Anti Gravity Illusion" U.S. Patent No. 5,255,452)。
ツアーでのパフォーマンスでも定番の曲であり、ショートフィルムそのままのダンスと傾きを披露している。
2001年、エイリアンアントファームによりカバーされ、全米ビルボードチャート1位に輝いている。



ディーゼル イタリアのファッション通 トミー ヒルフィガー カジュアル系ブランド通販 レスポートサック 激安通販 ルコックでスポーツをしよう スケッチャーズで歩こう おすすめティンバーランド通販 お気に入りコロンビア靴通販
nice!(127)  コメント(3) 

Another Part Of Me - Michael Jackson  マイケル・ジャクソン [BAD]





アナザー・パート・オブ・ミー(Another Part of Me)は、アメリカの歌手マイケル・ジャクソンが1988年に発表したシングル。1987年に発売したアルバム『バッド』からの第6弾リカットシングルである。Billboard Hot 100では11位に達し、『ビルボード』のR&B/ヒップホップ・チャートでは1位を獲得。
この歌は元来1986年に、ディズニーパークのアトラクション用の3-D映画『キャプテンEO』のために制作された。『バッド』には「ストリートウォーカー」と交換され収められた。「ストリートウォーカー」は、『バッド』が2001年に再発された時にボーナス・トラックとして収録された。Wikipediaより



インラインスケートをショップで通販 キックボード人気通販ブログ 新体操オリンピック通販ブログ 社交ダンス練習通販ブログ フラメンコダンザー通販ブログ ウインドブレーカー通販Blog 合気道用品通販ぶろぐ 弓道上達グッズ通販道場
nice!(145)  コメント(3) 

Michael Jackson - Dirty Diana マイケル・ジャクソン [BAD]





ダーティー・ダイアナ(Dirty Diana)は、アメリカのミュージシャン・マイケル・ジャクソンが1988年にリリースしたシングル。1987年に発売したアルバム『バッド』からの第5弾シングルカットである。作詞・作曲はマイケル・ジャクソン自身による。ビリー・アイドルとの活動で知られるスティーヴ・スティーヴンスがギターを担当した。ハードロック調の楽曲。
アメリカのビルボード誌では、1988年7月2日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1988年年間ランキングは第57位。マイケル・ジャクソンにとっては、「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」(I Just Can't Stop Loving You)から、5曲連続のビルボード誌週間チャート第1位だった。だが、アルバム『BAD』からのシングルカット曲では、最後のビルボード誌週間チャート1位獲得曲となった。
この楽曲の発表直後、ダイアナとはマイケルが少年時代から慕っていたダイアナ・ロスのことではないかという噂が飛び交った。後にマイケルはこれを否定する。一方、ダイアナ・ロスの方は1989年のライブでオープニングに用いた(『Greatest Hits Live』収録)。
ロックを取り入れたマイケルの曲は、この他にも「今夜はビート・イット」(Beat It)や「ブラック・オア・ホワイト」(Black or White)、「ギヴ・イン・トゥ・ミー」(Give in to Me)などがあるが、「ダーティー・ダイアナ」は最もハードな楽曲である。ショートフィルムでもライブシーンを取り入れるなど、シンプルながら非常に凝った作品になっている。
「ダーティー・ダイアナ」はダイアナ妃のお気に入りの曲だった。1988年のBADツアー、ウェンブリー・スタジアム公演では、「ダーティー・ダイアナ」をマイケル本人に懇望した。
『ヒストリー』では収録は見送られたが、『ナンバー・ワンズ』には収録された。当初ショートフィルムは存在しないと言ってDVD『Number Ones』には収録されない予定であった。しかし、当時テレビで数回流されていたこともあり、レコード会社が渋ったのではないかと言われたため結果的に収録された。英語では同じ単語が日本語訳の歌詞では様々に訳されているが、意訳的には非常に的を射たものであり、分かりやすい訳となっていると思われる。 Wikipediaより



プチバトー ファミリー通販 スパッツ 流行カタログ 毛皮ファッションショップコム ポンチョ 人気アウター集め 着物 ファッションカタログ 帯 和服のしなやかブログ 女性浴衣 コーディネート通販
nice!(209)  コメント(6) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。