So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2011年02月 |2011年03月 ブログトップ
前の10件 | -

Michael Jackson - Man In The Mirror マイケル・ジャクソン [BAD]





マン・イン・ザ・ミラー。「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」でジャクソンとデュエットした女性歌手サイーダ・ギャレットと、後にアラニス・モリセット等をプロデュースするグレン・バラードの共作。ギャレットはバック・コーラスで、バラードはシンセサイザーでも参加する。本作には聖歌隊も登場し、アンドレ・クラウチが指揮を担当した。
『BAD』からシングルとしてリリースされた前3曲(BAD、I Just Can't Stop Loving You、The Way You Make Me Feel)に次いで1位となり、後にリリースされた「Dirty Diana」を含めて、同一アルバムから5曲がアメリカ・ビルボードチャート1位を獲得するうちの1曲となった。
イギリス・UKチャートではトップ20にランクインできず、21位に終わるが、マイケルの死後、2009年6月28日にUKチャート11位を記録する。
ショートフィルムにはマーティン・ルーサー・キング・ジュニアやマハトマ・ガンディー、マザー・テレサ、ジョン・F・ケネディ、ジョン・レノンが登場する。このフィルムは2004年発売のナンバー・ワンズで初DVD化された。
ライヴではエンディングで歌われる曲で『ライヴ・イン・ブカレスト』、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』でも最後に歌われている。Wikipediaより





コンパクトカメラ 人気通販 双眼鏡 比較通販 単眼鏡 比較評判 ビデオカメラ 比較通販 デジタルオーディオプレーヤー人気市場 人気セットコンポ比較 ラジカセ 激安通販 AVコンポーネント通販
nice!(163)  コメント(3) 
共通テーマ:動画

The Way You Make Me Feel - Michael Jackson マイケル・ジャクソン [BAD]





ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィールは、1987年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。アルバム『バッド』からの第3弾シングル。アメリカのビルボード誌では、1988年1月23日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1988年度年間ランキングは第39位。
ミュージック・ビデオには姉のラトーヤ・ジャクソンも出演した。
2003年、オーストラリアの女性デュオShakayaが、この曲のカヴァーをシングルとして発表し、同国のチャートで21位となる。また、ポール・アンカのカヴァー・アルバム『ロック・スウィングス』(2005年)でも取り上げられた。
よくTWYMMFと略されることも多い。Wikipediaより



発泡ワイン シャンパンカタログ シャンパンで乾杯ブログ ラム酒 種類カタログ 美味しいカクテル一覧 カクテルの用具あります リキュール 美味しいものリスト ウォッカ 美味ショップ
nice!(146)  コメント(2) 
共通テーマ:動画

BAD - Michael Jackson マイケル・ジャクソン [BAD]





バッド(BAD)は、1987年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、および同曲を収録したシングル。アルバム『バッド』からの第2弾シングル・カットである。アメリカのビルボード誌では、1987年10月24日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1987年度年間ランキングは第51位。
もともとはプリンスとの共演が予定されていた曲だが、2人(ジャクソンとプリンス)が会席した際に、あまりにも険悪な雰囲気になってしまったために中止されたという。その際、プリンスは「自分が参加しなくてもこの曲はヒットする」と言ったという。シンセサイザー・ソロは、後にTOTOのメンバーとなるグレッグ・フィリンゲインズが担当した。
12インチ・シングルやCDシングルでは、8分に及ぶリミックス・ヴァージョン(Dance Extended Mix Includes 'False Fade')がフィーチャーされた。
ミュージック・ビデオは、マーティン・スコセッシ監督による17分の短編映画として制作された。画面は最初白黒で、途中からカラーとなる。ジャクソンはダリルという役名で出演し、ロバータ・フラックやウェズリー・スナイプスも出演。DVD『ビデオ・グレイテスト・ヒッツ〜ヒストリー』で視聴できる。なお、登場するダンサーの中に日の丸のバンダナをした東洋人が出演していることが日本でも話題になった。この東洋人ダンサーは日本人ダンサーの黒須洋壬では無いかとも言われていたが、黒須本人の話によるとこのダンサーは「チャオ」(フルネームはチャオ・メイ)という中国人ダンサーだという。
この曲のパロディ作品では、1988年にアル・ヤンコビックが発表した「Fat」が広く知られている。ヤンコビックは1984年に『今夜はビート・イット』(Beat It)のパロディ曲“Eat It”(食え)をヒットさせ、その続編として“Fat”(デブ)を発表した。両方ともジャクソンの公認パロディである。Wikipediaより



レバー バイク用品屋さん ケーブル バイク用品屋さん ミラー バイク用品ブログ メーター バイク用品専門ブログ ブレーキパーツ バイク用品 タンク バイク用品専門屋さん シート バイク用品専門屋さん
nice!(158)  コメント(5) 
共通テーマ:動画

I Just Can't Stop Loving You -マイケル・ジャクソン [BAD]





キャント・ストップ・ラヴィング・ユーは、1987年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。アルバム『バッド』からの第1弾シングル。ビルボード誌では、1987年9月19日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1987年度年間ランキングは第53位。
本作はサイーダ・ギャレットとのデュエットである。ジャクソンは、バーブラ・ストライサンドやホイットニー・ヒューストンとのデュエットも想定していたが、両者とも折り合いが付かず、ギャレットが選ばれた。彼女は最初、自身がジャクソンに提供した楽曲『マン・イン・ザ・ミラー』のバック・コーラス録りのためにレコーディングに呼ばれたと思っており、自分がデュエット・パートナーに選ばれたと知った時は驚いたという。
『バッド』収録曲のベース・パートは、大部分はシンセサイザーによるものだが、この曲ではネイザン・イーストがベースを弾いている。Wikipediaより



フランスみんなで旅行気分 イタリアゆっくり旅行気分 スペインどきどき旅行気分 アフリカわくわく旅行気分 ロシアのんきに旅行気分 韓国スッキリ旅行気分 インド ニコニコ旅行気分
nice!(73)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

Thriller  スリラー マイケル・ジャクソン  [Thriller]





1982年のアルバム『スリラー』からの第7弾シングル。この楽曲のヒットにより、この楽曲を収録したアルバムは歴代1位のセールスを獲得した。
PVに使われる予算は当時5万$(当時のレートで1150~1200万円)程度だったのに対し、この楽曲のPVは50万$(同 1億1500万~1億2000万円)をかけて作られた。
14分にも及ぶ(細かく言うと13分34秒)ホラー映画風のショートフィルムであり、マイケル本人がスターリング、特殊メイクによるマイケルの狼男やゾンビが話題となった。彼の演技、ダンスがともに高く評価された。なお、監督のジョン・ランディスと特殊メイク担当のリック・ベイカーは、1981年のヒット映画『狼男アメリカン』でのコンビである。また、同映画の音楽を担当したエルマー・バーンスタインの曲もPVに使用されている。
またPVのラップを往年のホラー映画俳優であるヴィンセント・プライスが務めた。プライスの起用はクインシー・ジョーンズの妻の助言によるものである(プライスはジョーンズの妻と親交があった)。プライス自身はこの仕事を心良く引き受け、非常に喜んでいたという。ただ、ヘッドホンを付けての録音方法やスリラーの独特の曲にも驚いていたとされる。しかし、プライスはわずか2回でこの仕事を完璧にこなした。通常、ナレーションの録音は難しいとされており、クインシー・ジョーンズはプライスの仕事ぶりに感心したとされる。
カメラをズームインしながらトラックバックするという、ヒッチコック監督の映画『めまい』で使われた撮影方法を使い、当時その撮影方法が流行った。
マイケルの相手役を演じたのはオーラ・レイ。このPVの出演料が支払われていないとしてマイケルを非難したが、1997年にマイケルに謝罪した[2]。しかし、結果未払いの出演料を得るために2009年5月6日に告訴するが、それから2ヶ月も経たない6月25日にマイケルが急死した。
対照的に、ナレーションを担当したヴィンセント・プライスは二通りの報酬を提示された。アルバムの売り上げに応じて報酬を受け取る方法とその場で出演料として2万ドルを受け取る方法である。プライスは後者を選択した。プライスはすでに当時、俳優としてのキャリアを確立しており、金銭にはあまり拘らなかったとされるが、スリラーは発売されるや大ヒット。後にプライスは「まさかそんなことは分かるはずもなかったよ」と笑っていたという。
当時MTVでは連日オンエアされ、黒人ミュージシャンの映像を流そうとしなかったMTVの暗黙の方針を打開した。
2009年12月30日には米国国立フィルム保存法にのっとり、PVがアメリカ国立フィルム登録簿入りした。これはPVとしては史上初の快挙であり、今後アメリカ議会図書館によってフィルムが永久保存される事になる。Wikipediaより



第三のビール がぶ飲みショッピング シードル リンゴ酒ショッピング 酒器で日本の生活を楽しむ 純米酒 美味カタログ 吟醸酒 こだわりBLOG ワンピースに合わせて着こなしアップ ドレス レディースファッションnet 富士通 大手電機メーカー通販 果実酒 おいしいカタログ 清酒 うまいぜカタログ ワンピース レディースファッション通販 ワンピ トレンドアイテム注目のブランド
nice!(85)  コメント(2) 
共通テーマ:動画

マイケル・ジャクソン Michael Jackson - P.Y.T. [Thriller]





P.Y.T.は、1983年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。1982年のアルバム『スリラー』からの第6弾シングルである。
プロデューサーのクインシー・ジョーンズと、1983年にクインシーのバックアップによりソロ・デビューを果たす歌手ジェームス・イングラムの共作による。バック・コーラスにはジェームスの他、マイケルの姉のラトーヤ・ジャクソン、妹のジャネット・ジャクソンも参加した。
2002年にはモニカの楽曲「オール・アイズ・オン・ミー」で、2007年にはカニエ・ウェストの「グッド・ライフ」でサンプリングされた。Wikipediaより



ブルゴーニュワインを通販 飲みたい赤ワインをみつけてください オシャレなお部屋のインテリア 気軽な日帰り旅行のご案内 ご当地お取り寄せグルメ ペット用品お取り寄せ ビジネスマンアイテムお取り寄せ
nice!(88)  コメント(5) 
共通テーマ:動画

Michael Jackson - Human Nature マイケル・ジャクソン [Thriller]





ヒューマン・ネイチャーは、1983年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。アルバム『スリラー』からの第5弾シングル・カットである。作詞はリチャード・カーペンターとの共同作業で知られるジョン・ベティスで、作・編曲はTOTOのスティーヴ・ポーカロが担当した。スティーヴ・ルカサーら、TOTOの他のメンバーも演奏に参加している。クインシー・ジョーンズは「信じられない万華鏡のようなハーモニー」とこの曲を絶賛している。アメリカのビルボード誌では、1983年9月17日に週間ランキング最高位の第7位を獲得。ビルボード誌1983年度年間ランキングは第77位。
この曲は『ナンバー・ワンズ』、『アルティメット・コレクション』、『エッセンシャル・マイケル・ジャクソン』、『キング・オブ・ポップ』、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』にも収録されている。Wikipediaより



インラインスケートをショップで通販 キックボード人気通販ブログ 新体操オリンピック通販ブログ 社交ダンス練習通販ブログ フラメンコダンザー通販ブログ ウインドブレーカー通販Blog 合気道用品通販ぶろぐ 弓道上達グッズ通販道場
nice!(92)  コメント(5) 
共通テーマ:動画

Wanna Be Startin' Somethin - マイケル・ジャクソン [Thriller]





スタート・サムシングはコンサートツアーでも必ず演奏される曲であり、その際も“何かを始める”という曲名の意味に合わせて、最初または最初の方にラインナップされる。(ジャクソン自身は、自分の頭の中でのイメージを完全に再現することができなかったと多少の不満があるようではある。)。ライブ映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』でも、最初に演奏されている曲である。
Bad Tourではこの曲を1曲目に歌い、Dangerous Tourではこの曲を2曲目に歌い、History Tourではこの曲を4曲目に歌唱した。THIS IS ITのライヴのセットリストでも最初の1曲目に歌う予定だったが、マイケルが亡くなってしまったため、コンサートは実現できなかった。Wikipediaより



プリンタのインク・カートリッジ屋さん トナーを交換してリフレッシュ プロジェクタースクリーン選び パソコンパーツのメモリー一覧 PCのCPUを比較して購入 人気スキャナを集めました ハードディスクドライブを揃えました マウスとキーボードを交換して気分良好 パソコンのサウンド関連を紹介 ヘッドセットで音楽ざんまい
nice!(45)  コメント(1) 
共通テーマ:動画

Michael Jackson - Beat It マイケル・ジャクソン [Thriller]





今夜はビート・イットは、1983年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。アメリカのビルボード誌では、1983年4月30日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1983年年間ランキングは第7位。マイケル・ジャクソンの代表曲の1つで、彼自身の作詞・作曲による。アルバム『スリラー』からの第3弾シングルであり、ハードロックとR&Bを融合したサウンドが特徴のナンバー。
この曲にはエディ・ヴァン・ヘイレン、スティーヴ・ルカサー、ポール・ジャクソン・ジュニアがギターで参加している(ギター・ソロはエディ)。エディはビクトリーツアーの一公演に飛び入りで参加し、ソロパートを弾いている(その時の写真や動画が少なからず存在する)。ミュージック・ビデオは、ウエスト・サイド物語をモチーフとしている。 2008年2月に発売された『Thriller 25』(スリラー25周年記念リミテッド・エディション)には、この曲をリミックスしてファーギーのボーカルをフィーチャーした「今夜はビート・イット2008」が収録されている。
Wikipediaより



プチバトー ファミリー通販 スパッツ 流行カタログ 毛皮ファッションショップコム ポンチョ 人気アウター集め 着物 ファッションカタログ 帯 和服のしなやかブログ 女性浴衣 コーディネート通販
nice!(48)  コメント(2) 
共通テーマ:動画

Michael Jackson - Billie Jean  マイケル・ジャクソン [Thriller]





アルバム「スリラー」からの第2弾シングル。モータウン25周年記念コンサート」の時に、ムーンウォークを初披露したのがこの曲である。
歌詞の内容は全く事実ではないスキャンダルであるが、これはマイケル・ジャクソン自身がストーカーに遭遇、もしくは兄ジャッキー・ジャクソンの実体験を基にして作られたとされている。
本作の当初のタイトルは「Not My Lover」といった。この点に関しては、ジャクソンが1988年に出版した自伝『ムーンウォーク』にも公式な説明がある。プロデューサーのクインシー・ジョーンズは「ビリー・ジーン」という曲名から、人々が女子プロテニス選手のビリー・ジーン・キングを連想するのではないか、と危惧したため「Not My Lover」の題名で発表することを勧めた。これに対し、マイケルは作中の“ビリー・ジーン”は「(実在する)誰のことでもない」と強調し、作者としてのアイデアを貫いた。
この曲は後に『グレイテスト・ヒッツ』・『ナンバー・ワンズ』・『アルティメット・コレクション』・『エッセンシャル・マイケル・ジャクソン』・『キング・オブ・ポップ』の日本盤・『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』にも収録された。



キットソン おすすめDX キプリング が欲しい キャスキッドソンをプレゼント ディーゼル イタリアのファッション通 トミー ヒルフィガー カジュアル系ブランド通販 レスポートサック 激安通販 ルコックでスポーツをしよう スケッチャーズで歩こう おすすめティンバーランド通販 お気に入りコロンビア靴通販
nice!(54)  コメント(1) 
共通テーマ:動画
前の10件 | -
-|2011年02月 |2011年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。