So-net無料ブログ作成
検索選択

Michael Jackson - Dirty Diana マイケル・ジャクソン [BAD]





ダーティー・ダイアナ(Dirty Diana)は、アメリカのミュージシャン・マイケル・ジャクソンが1988年にリリースしたシングル。1987年に発売したアルバム『バッド』からの第5弾シングルカットである。作詞・作曲はマイケル・ジャクソン自身による。ビリー・アイドルとの活動で知られるスティーヴ・スティーヴンスがギターを担当した。ハードロック調の楽曲。
アメリカのビルボード誌では、1988年7月2日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1988年年間ランキングは第57位。マイケル・ジャクソンにとっては、「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」(I Just Can't Stop Loving You)から、5曲連続のビルボード誌週間チャート第1位だった。だが、アルバム『BAD』からのシングルカット曲では、最後のビルボード誌週間チャート1位獲得曲となった。
この楽曲の発表直後、ダイアナとはマイケルが少年時代から慕っていたダイアナ・ロスのことではないかという噂が飛び交った。後にマイケルはこれを否定する。一方、ダイアナ・ロスの方は1989年のライブでオープニングに用いた(『Greatest Hits Live』収録)。
ロックを取り入れたマイケルの曲は、この他にも「今夜はビート・イット」(Beat It)や「ブラック・オア・ホワイト」(Black or White)、「ギヴ・イン・トゥ・ミー」(Give in to Me)などがあるが、「ダーティー・ダイアナ」は最もハードな楽曲である。ショートフィルムでもライブシーンを取り入れるなど、シンプルながら非常に凝った作品になっている。
「ダーティー・ダイアナ」はダイアナ妃のお気に入りの曲だった。1988年のBADツアー、ウェンブリー・スタジアム公演では、「ダーティー・ダイアナ」をマイケル本人に懇望した。
『ヒストリー』では収録は見送られたが、『ナンバー・ワンズ』には収録された。当初ショートフィルムは存在しないと言ってDVD『Number Ones』には収録されない予定であった。しかし、当時テレビで数回流されていたこともあり、レコード会社が渋ったのではないかと言われたため結果的に収録された。英語では同じ単語が日本語訳の歌詞では様々に訳されているが、意訳的には非常に的を射たものであり、分かりやすい訳となっていると思われる。 Wikipediaより



プチバトー ファミリー通販 スパッツ 流行カタログ 毛皮ファッションショップコム ポンチョ 人気アウター集め 着物 ファッションカタログ 帯 和服のしなやかブログ 女性浴衣 コーディネート通販
nice!(209)  コメント(6) 
共通テーマ:動画

nice! 209

コメント 6

ぜろこ

ご訪問、ありがとうございました。
マイケル・ジャクソンは、Off The Wall から好きになりました^^
by ぜろこ (2011-03-03 22:46) 

Mineosaurus

ご訪問、ありがとうございました。
by Mineosaurus (2011-03-04 17:01) 

大善士

nice&ご訪問をありがとうございました。

by 大善士 (2011-03-05 07:06) 

pandan

いつも訪問ありがとうございます。
by pandan (2011-03-05 07:16) 

ダイナ

おぉ!
この動画初めて見ました(*^^*)
by ダイナ (2011-03-05 10:38) 

shige

ご訪問&nice!
ありがとうございます^^
by shige (2011-03-05 19:56) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。