So-net無料ブログ作成

Thriller  スリラー マイケル・ジャクソン  [Thriller]





1982年のアルバム『スリラー』からの第7弾シングル。この楽曲のヒットにより、この楽曲を収録したアルバムは歴代1位のセールスを獲得した。
PVに使われる予算は当時5万$(当時のレートで1150~1200万円)程度だったのに対し、この楽曲のPVは50万$(同 1億1500万~1億2000万円)をかけて作られた。
14分にも及ぶ(細かく言うと13分34秒)ホラー映画風のショートフィルムであり、マイケル本人がスターリング、特殊メイクによるマイケルの狼男やゾンビが話題となった。彼の演技、ダンスがともに高く評価された。なお、監督のジョン・ランディスと特殊メイク担当のリック・ベイカーは、1981年のヒット映画『狼男アメリカン』でのコンビである。また、同映画の音楽を担当したエルマー・バーンスタインの曲もPVに使用されている。
またPVのラップを往年のホラー映画俳優であるヴィンセント・プライスが務めた。プライスの起用はクインシー・ジョーンズの妻の助言によるものである(プライスはジョーンズの妻と親交があった)。プライス自身はこの仕事を心良く引き受け、非常に喜んでいたという。ただ、ヘッドホンを付けての録音方法やスリラーの独特の曲にも驚いていたとされる。しかし、プライスはわずか2回でこの仕事を完璧にこなした。通常、ナレーションの録音は難しいとされており、クインシー・ジョーンズはプライスの仕事ぶりに感心したとされる。
カメラをズームインしながらトラックバックするという、ヒッチコック監督の映画『めまい』で使われた撮影方法を使い、当時その撮影方法が流行った。
マイケルの相手役を演じたのはオーラ・レイ。このPVの出演料が支払われていないとしてマイケルを非難したが、1997年にマイケルに謝罪した[2]。しかし、結果未払いの出演料を得るために2009年5月6日に告訴するが、それから2ヶ月も経たない6月25日にマイケルが急死した。
対照的に、ナレーションを担当したヴィンセント・プライスは二通りの報酬を提示された。アルバムの売り上げに応じて報酬を受け取る方法とその場で出演料として2万ドルを受け取る方法である。プライスは後者を選択した。プライスはすでに当時、俳優としてのキャリアを確立しており、金銭にはあまり拘らなかったとされるが、スリラーは発売されるや大ヒット。後にプライスは「まさかそんなことは分かるはずもなかったよ」と笑っていたという。
当時MTVでは連日オンエアされ、黒人ミュージシャンの映像を流そうとしなかったMTVの暗黙の方針を打開した。
2009年12月30日には米国国立フィルム保存法にのっとり、PVがアメリカ国立フィルム登録簿入りした。これはPVとしては史上初の快挙であり、今後アメリカ議会図書館によってフィルムが永久保存される事になる。Wikipediaより



第三のビール がぶ飲みショッピング シードル リンゴ酒ショッピング 酒器で日本の生活を楽しむ 純米酒 美味カタログ 吟醸酒 こだわりBLOG ワンピースに合わせて着こなしアップ ドレス レディースファッションnet 富士通 大手電機メーカー通販 果実酒 おいしいカタログ 清酒 うまいぜカタログ ワンピース レディースファッション通販 ワンピ トレンドアイテム注目のブランド
nice!(85)  コメント(2) 
共通テーマ:動画

nice! 85

コメント 2

ゆうせい

訪問nice!ありがとうございます
マイケルのフィギュア良いですね~♪
by ゆうせい (2011-02-11 06:55) 

セイミー

ご訪問いただき有難うございます
by セイミー (2011-02-11 10:57) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。